イキイキした毎日のための「活性酸素」除去ガイド

活性酸素を除去する方法を徹底リサーチ!  » あなたのからだの活性酸素の発生度をチェック

あなたのからだの活性酸素の発生度をチェック

不眠や肌のしわや関節炎白内障などの老化現象や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病や癌の原因であると言われる活性酸素。
これを除去して、美しく健康で、元気な毎日を送りたいですよね。
でも、今、自分に活性酸素が発生しているのか、自分は発生しやすい体質なのか、よくわからないという方も多いと思います。
そこで、ここでは私が調べた活性酸素セルフチェックのポイントを紹介しますので、是非読んでみてくださいね。

あなたの活性酸素の発生度をチェックしてみましょう

以下の1~7のチェック項目にあてはまるものが多いほど、体を酸化させる(錆びさせる)活性酸素が発生しやすいということになります。

1.スーパーやコンビニの惣菜などの加工食品をよく食べる

これらの加工食品には食品添加物が使われています。

体内に吸収された食品添加物は肝臓で解毒されますが、この過程で活性酸素が発生し、肝臓を攻撃するので肝機能障害などの原因となります。
また、野菜の残留農薬も活性酸素発生のもとになります。

2.たばこを吸う

たばこの煙にはタールやニコチン以外に活性酸素である過酸化水素も含まれています。

肺にタールが入ると体内の免疫システムが働き、活性酸素で攻撃しようとして肺の組織をどんどん破壊してしまいます。
また、たばこを吸うと息切れするようになるのは肺組織が活性酸素に破壊され機能低下しているからです。

3.お酒が好き

お酒のアルコールは異物として肝臓で解毒されて活性酸素が発生します。

4.激しい運動をする

激しい運動は呼吸量が増えて必要以上に多量の酸素を身体に取り込むので、必要なエネルギー量が一気に増えて活性酸素が発生しやすくなります。
しかし、ウォーキングなどの軽い運動なら活性酸素に負けない身体を作ることができるので、毎日継続することをおススメします。

成長期の子どもたちにとっては骨や筋肉を発達させるために運動は重要です。

5.屋外での仕事が多い

紫外線やX線は身体の表面を通り抜けて体内の水分(H2O)、スーパーオキシド、過酸化水素を刺激して最も有害なヒドロキシラジカルを大量発生させ、皮膚を内側から破壊していきます。
しみ・しわだけでなく、皮膚がんの原因ともなります。

6.ストレスが多い

強いストレスを受けると体内で副腎皮質ホルモンが分泌され、身体が緊張、興奮状態となり、身体が熱くなったり、胃が痛くなったり、重くなったりします。
そして、この状態を元に戻すために、副腎皮質ホルモンを分解する酵素が分泌されますが、ホルモンが分泌される過程、分解される過程で活性酸素が発生します。

7.空気の悪いところに住んでいる

工場や産業廃棄物処理場の近くや大きな幹線道路の近くで、いつも汚染された空気を吸っていると、喫煙と同様、肺で免疫システムが働いて活性酸素が発生します。