イキイキした毎日のための「活性酸素」除去ガイド

活性酸素を除去する方法を徹底リサーチ!  » 美と健康の大敵!活性酸素について知ろう » 発生する原因

発生する原因

活性酸素について、最近テレビや雑誌などでよく見かけますが、いったい何なのでしょうか?

体にとってもともと必要な物質である活性酸素は、体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するため白血球から放出され、殺菌・消毒の役割をしますが、反対に体に悪影響を与えるという面もあります。

人間は約60兆の細胞で構成されていますが、細胞の外側の細胞膜は不飽和脂肪酸という油分で作られています。
この不飽和脂肪酸が活性酸素と結びつくことで酸化して過酸化脂質となり、細胞が老化します。鉄が酸化してさびるのと同様、活性酸素の影響によって体内でも酸化が生じ、体がさびるという結果になるのです。

活性酸素の発生する原因とは

体内に取り込まれた酸素は赤血球によって細胞へ運ばれ、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生させるのに使われます。
その際に消費された酸素の2%は活性酸素となります。
さらに、紫外線やタバコなど色々なものが活性酸素の発生に関係があります。

喫煙

喫煙は肺ガンなどの疾患を引き起こしますが、ガン細胞発生の原因である活性酸素を増やす要因となります。タバコの煙を吸うと、白血球は除去しようとして多量の活性酸素をつくります。また、タバコの煙にも活性酸素のひとつ過酸化水素が含まれています。さらに、抗酸化物質のビタミンCも破壊されてしまいます。タバコは1本で100兆もの活性酸素を発生させます。

ストレス

ストレスホルモンの一種であるコルチゾルが免疫機能の重要な役割をになうNK細胞の機能を停止させ、生成時に活性酸素も発生させます。
「紫外線」
紫外線の刺激でも体内に活性酸素が発生します。晴れた日にする布団干しや衣類の虫干しは雑菌に紫外線を浴びさせて活性酸素を大量発生させ、雑菌に死んでもらうのが目的です。

油の多い食事

食事から摂取した脂質は腸内で分解されますが、分解されないで残った分は肝臓で解毒され、
その代謝過程で、活性酸素が発生します。

コレステロール

コレステロールの表面にある脂質は活性酸素と結びついて酸化し、血管内に付着し、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの原因となります。

激しい運動

激しい運動をすると一時的に筋肉が虚血状態になります。その後再開した血流は大量に活性酸素を発生させます。

運動不足

運動不足で抗酸化酵素の働きが低下し、活性酸素が増えていきます。

ウイルス

ウイルスが侵入した体は対抗策として白血球を使って活性酸素を発生させますが、このウイルスと活性酸素の戦いが長引くにつれ活性酸素の生産量がだんだん多くなっていきます。

大気汚染

大気汚染の原因となる窒素化合物は強力な酸化物質で、活性酸素増加の原因となります。